みくまり 日々のできごとと好きなうたへの思いをつづることにしましょう。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ローリングストーンズ
[No.28] 2006-03-31 Fri 00:30
まず、感想をひとこと。

なまら楽しかった!!!!!

本当に、行ってよかった。
なんというか、40年以上のキャリアはダテじゃないよ。
ドームサイズをこうも見事に熱狂させるとは、さすがとしか言いようが無い。
この日のために1ヶ月がんばって仕事してきた甲斐があったなぁ。。

3月29日。開演予定時刻の午後7時に札幌ドームへ到着。
すでに音が聞こえており、会場は暗い。
まさか、もう始まってるわけないよね!?とびっくりしつつ
広いドーム内を席を探してうろうろ・・
やっと見つけた席に着き、ステージ上を見てみる。前座バンドさんの演奏が行われていたのでした。
同行したけんさんによれば、リッチーコッツェンとビリーシーンだそうで。
あたしとしては、ふーん・・でした。

前座が演奏終了したのが7時20分ころだったかな。
客電がついて、ステージのセッティング直しが始まる。
まだまだ始まる気配はないなぁと思って会場を見回していると、私たちのすぐそばの通路を歩く男性にふと目が止まる。
ニット帽を目深にかぶり、ダウンジャケットに軍パン、編み上げブーツというカッコウの、目がきょろっと大きくて少々えらの張った顔つき。
ん~誰かなぁ。見たことある顔だけど。どこかのライブで会ったことのある人かなぁ。。
と首をひねっていると、前の席の女性が興奮気味に連れの男性に言った。
「いま!そこ!マーシーが歩いてった!」
・・んぁぁぁ!そうだ。ハイロウズのマーシーだ!
思わず見ず知らずのその人に
「そうですよね!今通った人マーシーだ!」
って話しかけちゃいました。
その方の話では
ヒロトもきっと来てるよ!ストーンズのツアーは全部見に行くって言ってたから 
とのこと。
さいきんハイロウズばかり聴いてた私としては非常に嬉しいハプニングであった。

8時すぎ、そろそろ始まるかと予想していたが、なかなか客電が落ちない。
BGMが1曲終わるたびに場内は待ちきれないファンの<はやくでてこーい>の拍手と歓声が頻繁に起こるようになる。
何度かそれが繰り返された8時15分、突然BGMがおちて客電が消えた。
もうすでに歓声の波。
ステージ正面の巨大スクリーンと両脇の巨大セット(ビル5階くらいの高さで2階、3階にあたる場所から客が顔をのぞかせている。そこがゴールデンシートなのだ!)にオープニング映像が流れ会場がどよめく。
と、これまた唐突にジャンピンジャックフラッシュのイントロが。
もう興奮最高潮!!とうとう出てきた~!!
ミックかっこいい~!キース渋い~!うっきゃ~!!

今まで何度か札幌ドームでライブを見てきたが、私が知る中で今回が一番音が良かった。
今回の席はアリーナの半分より前、上手寄りに位置しており、場所的に良かったんだろうと思うけど、たぶんどこで聞いても他のバンドよりちゃんとそれぞれの音が聞こえやすいようになっていたんじゃないかと思われる。
きちんと分離してるのだ。それが40年のキャリアってやつでしょうかね。
そういったこともあいまって、会場の隅々まで客は盛り上がっていた。

曲間に、ミックの日本語MCがちょこちょこと入る。
一番ウケタのが、アンジーに入る前の
「コノキョクハ、シッテルベヤ!」
誰が教えたんだ!世に言う北海道弁ってやつじゃないか!
他にも、「ナマラスゴーイ!」とか「イッケメーン(イケ面)」とか。
なんかちょっとかわいかった。。

ライブの中盤、ミスユーの曲中に驚きの仕掛けが待っていた。
花道があるんだなぁ・・程度に思っていたのだが、どっこいだ。
メンバーの立ってるステージの一部が丸ごと花道を前進し始めた!
周りにいた客たちが花道脇の柵に駆け寄る。その数およそ50人くらいか。
警備員もあきらめてるようで、いいトシした大人が興奮した様子で駆け寄る光景はなんだか面白かった。
私たちは、横を通り過ぎていく彼らのステージに向かってその場から手を振り、広くなった自分らのスペースで思う存分踊った。
ステージはドームの中央より少し後ろくらいまで移動しただろうか。
おいおいどこまで行くんだ、と思うほど正面スタンドまで近づいていたように思う。
その時私たちも正面スタンド方向を振り向く形になったのだが、その景色がすごかった。
スタンドの上のほうまでかなりの客が入っている!
そのほとんどが立って、両手を挙げて、踊っているのだ!!
ちょっと無いよ、こんなに全部を熱狂させることなんて。
白髪交じりの年配の方も、子連れのお母さんも、会社帰りのサラリーマンも、若いモヒカンにぃちゃんも集まったこのライブ。
みーんながストーンズに向かって拳を突き上げて歌ってる。
本当にすばらしい光景だった・・。

アンコール後の1曲、無常の世界の最後にコーラスのリサフィッシャーが超音波ボイスを響かせる。
ライブの最初っからあたしは、とにかく彼女のポジションがうらやましくって、アレになりてぇ!と言いながら彼女のメロディラインを歌ったりしてた。
が、さすがに超音波の時は巨大ビジョンに向かってうひぇ~と叫んでいた。
(リサに大喜びしてたのは周りでもあたしだけだったけど)

ラストソングはサティスファクションだった。
全員が文句なく大合唱。ミックがステージの上手から下手へ走る!
途中で階段を降りて最前の席の人たちとふれあってる!
正面の巨大スクリーン映像には、ステージ上の彼らだけじゃなく、客の表情も織り込まれていて、なんだかそのままツアードキュメントビデオになりそうな感じだ。
最後にミックは「マタクルゼ!」と言って会場を去っていった。
ほんとにまた来てほしいぜ~ッ
何度も見たい気持ちにさせる最高のライブだったんだもの。

客電がついたのが10時15分。きっちり2時間のステージを見せてくれた。
周りの人々もみんな一様に笑顔で、口々に自分の感動ポイントをしゃべったりしていた。
あたしは声がすっかりかすれていた。

さっき新聞を見たら、3万1千人が集まったそうだ。
それだけの群集が移動するとなればかなりの時間がかかるわけで、じっと我慢しながらゆーっくりとドームをあとにする。すすきのへ着いたのが0時近くであった。
2時間踊りっぱなしでかなり疲れていたのだが、それでも今日はビールを飲んで語らずにはいられん!ということで、アメリカンなバーで2時まで飲みました。

本当に心ゆくまで楽しんだ一日であったデス。
スポンサーサイト
別窓 | おんがく | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
janis joplin
[No.27] 2006-03-26 Sun 13:15
3月のはじめから自宅のネット回線が光になった。
それまでADSLでそんなに不自由したわけでもないから大した変わりは
無いだろうと思っていた。
実際各ページの表示にはさほど変化は見られなかったが、やはり動画の落ちが
早いみたい。
気にせずおもろい動画サイトへ遊びにいくようになった。

最近よくネタ紹介サイトでリンクされている
YouTubeには数多の動画が落ちていて、キーワード検索で気になるものを探せる。
近頃忙しくて探してなかったが、たまに検索してライブ動画を楽しんだりしてた。

さっき、みくしーのトピックですばらしいものを知った。
janis joplinのコミュだが、彼女のライブ動画がいくつか紹介されていた。
この人のライブ映像ってオフィシャルものが少ないせいかレアな気がする。
いくつかあった中で相当グッときたのがこの動画
summertimeとI need a man to loveなのだが、TVショウって感じで音は悪くない。
演奏後に司会者が出てきてなにやらジャニスとやり取りしている。
あたいは英語が苦手なので半分くらいしかわからず、細かいトコまで理解できなかった。
笑いのツボがわからんのが歯がゆい。
ので、英語を職にしているわが親友「妻」くんにいい感じの訳をお願いしたいですよ~
ちゅか、旦那と一緒にこれ見てくれ!

この演奏を見て思ったのはさ、あたしだったらどう歌うかなぁってことさ。
サマータイムだけは避けてきたのね。今まで何度もジャニスのコピーはやってきたけど。
この曲だけは手出しするまいと思ってた。
でも、なんだか違う歌い方を見つけられるんじゃないかなぁってふと思ったんだ。
高音の掠れを再現する必要は全く無くて、あたしの低音のドスの部分でなんとか表現できないだろうか。とか思ってみたりして。
実際やるかどうかわかんないけど想像するだけで横隔膜の辺りがジワジワする。
これ、緊張というか、わくわくというか、グッとくるときのあたしの感覚なんだけどさ。

現在おいら、27歳。ジャニスが死んだ年齢だ。
二十歳そこらで歌えなかったものが時間を経て体になじんだりすることもあるだろう。
そのひとつになればうれしいんだけどなぁ。

余談だが某アイドルがCMでジャニスの有名なあの曲を歌っているけど、
ちーっともつまらん。
今まで某アイドルの歌自体は、実は内心感心していたのだが
(歌のリズム感はかなりのものだと思う)今回は全くもってつまらん。
ま、今回改めて「ある曲を歌うことと年齢(経験)との関係」をわかりやすく示してくれたなぁということでぶつくさ言ってみました。
ファンの人はどう思ってるのかな。

あ、先日僕らの音楽という番組で新人の歌手がキャロルキングの
I feel the earth move を歌ってた。悪くはないがよくも無かった。
声の伸びやリズム感は文句なく良かったのだが、歌を自分のものにしてる感じ
ではなかった。味わいがたりないというか。

ま、なんだかんだ言ったところで自分の歌がどうかと言われれば
まだまだまだまだまだまだまだまだまだまだ・・・・
理想からは程遠く五里霧中もいいとこだ。
お仕事がひと段落ついたからまたみくまりを再開して歌を日常にひっぱり戻さなきゃね。

次回ライブ予定は4月末ぽいです。でも未定。
別窓 | おんがく | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
おけつが痛い
[No.26] 2006-03-20 Mon 23:49
日曜日のこと。
がんばって仕事を片付けて軽音の卒ぱ(卒業生追い出しライブ:卒業パーティ)へ駆けつけた。
今回で最後のライブとなるスメルボーイズを見届けたくてな。
久々のジッピーホールは相変わらずのタバコの煙と熱気だった。
でも人々の半分くらいが知らない顔で、時の移り変わりを感じた。

卒ぱってやつは特別な熱が渦巻いてるもんで、いつだってグッとくる。
トリを飾ったスメルは、いつも汗と熱気でぐっしょりだけど、
今回は涙も加わってほんとに熱かった。
スメルギターは登場から全裸だったがもうだれも驚きはしない。
そんなところがまたよい。
あたし自身スメルを見るのは1年ぶりくらいだったが、相変わらずだわぁって安心した。

背の大きくないあたしは、こういったイベントの時は最前のモッシュを避けてパイプいすに立って演奏を見る。
イス上で踊るわけだが今まで危ない目にあったことは無い。
が、今年は少々失敗してしまった。

突然曲が激しくなって縦揺れだったモッシュが前後左右にぶつかり合いだした。
ヤバイな と感じたのもつかの間、バランスを失った背中がとんでくる。
うへぇ~ と情けない声を上げつつイスがひっくりかえった。
後ろに人がいなかったのが幸いだったが、あたしは背中からパイプイス群へおちた。
ところがビール(3本)のせいもあってちっとも痛くない。
それどころかひっくり返る途中がなんかスローでちょっと面白かった。
うへへと照れ笑いしつつすぐにもう一度イスへのぼった。
でもなぜか踏み外して2度目の転倒!!?
たぶんイスの足が不安定だったのだろう。
これはマジ恥ずかしかった。
けど、やっぱり痛くなかったのだ。
そして、イスを別のに変えてまたのぼり、最後まで見届けた。
そんなこんなでスメルのライブはエキサイティングだった。(個人的にもね)

すべてのプログラムが終わって卒業生がステージにならぶ。
一人一言ずつ述べるのだが、今回卒業していくスメルドラムの言葉が印象的だった。
自分が卒業したときとおんなじこと言ってたんだもの。

自分は先輩にあこがれて今までやってきたけど、卒業していく自分が
後輩のみんなに何かを見せれたかどうかわからない。
けど、自分は精一杯自分の音楽をやってきたんだぞ。

っていうようなことをね。もっとかっこよい言い方だったけど。
みんなそうやってそれぞれ背中を見ながら成長していくもんなんだな。
久々に大事なものをいっぱい思い出させてもらった気がする。


そんなこんなで今朝のこと。
着替えてるときに気づいた。
お尻から右太ももが腫れとる~っ・・
会社のイスに座っても痛い。。
ライブで打撲することなんて昔はざらだったが、今回のは
自分でコケた&その場で痛みに全く気づかなかった
という恥ずかしさだけがこみ上げてくるわけであります。

ま、精神的に元気になったからいいか。
別窓 | おんがく | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
イイ男
[No.25] 2006-03-18 Sat 21:47
少し疲れてきちゃったなぁと感じていた木曜日。
ちょっとだけ残業を軽めにしてさっさと帰ろう思っていた。
8時半に切り上げてバスに乗る。
うちへ連絡を・・と携帯をみると、着信とメールが。
「今日札幌に出張なんやけど夜おヒマ?」
相手は軽音時代の先輩だった。
いつかの結婚式で会った以来だから3年ぶりくらいだろうか。
こんなチャンスめったにない!
だるい体と疲れた顔を気にしないふりしてちょっとだけ飲みにでかけた。

パルコの前で待ち合わせ。
夕方になると視力低下でメガネしててもあまり見えていない。
昔の印象を思い出しつつ目を凝らす。
・・きた~!
久々に会った先輩は卒業していった時と変わらずカッコイイぞ!
昔はシャープでおっかない感じの印象だったんだけど(1年生の時の
4年生だから無理もない)すごくものごし柔らかなビジネスマンの顔になっていた。

ホールっぽいビアバーで飲んだのだが、それとなくいろいろな気を使ってくれてるのが
わかる。
食べ物のチョイスとか店員さんを呼ぶとか帰りの時間を聞いたりだとか。
どれも普通のことだけど、とても細やかでベストタイミングなのだ。
ん~イイ男。

もともとその先輩のことは大好きで、彼が卒業するときに酔ったついでに
抱きしめていいですかっ!
とか言ったくらいだ。
彼は笑って ええよ~ って言ってくれた。
でも当時そんなに一緒に飲んだりしたこともなかったので、今回連絡をくれたことがすごく意外ですごくうれしかった。
さらに彼がいまだに、んにゃ、昔以上にカッコイイ人であって、とてもうれしかったのだ。

次の日も仕事だからな、とちょうどいい時間で帰宅した。
帰りの地下鉄とタクシーでおもわずニヘラニヘラ・・。
次の日も仕事中に むふっ とかいってたくらいだ。

残業の日々が始まってそろそろ3週間という時期でさすがに疲れがたまってた
けど先輩のおかげでかなり回復した!
睡眠よりも、マッサージよりも、イイ男と飲むこと!
一番贅沢でしょ。

ちなみにその先輩とはデスメタルな元部長デス。

- 最近どんな音楽聴いてます?
- ジャズやな。でもデスメタも聴いてるな。あれは一度足を踏み入れると
もう抜けられんのよな~。

・・よかった。。
別窓 | つぶやく | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
PSE法に関する続報
[No.24] 2006-03-14 Tue 12:46
以前の記事の中で紹介した電気用品安全法(PSE法)ですが、
本日こんなニュースが舞い込みました。

ココカラ
<PSEマーク>「ビンテージもの」規制対象から除外に

 国の安全基準に適合することを示す「PSE」マークがない一部家電製品の販売が4月から禁止される問題をめぐり、二階俊博経済産業相は14日の閣議後会見で、希少価値の高い中古電子楽器などを規制対象から事実上外すなどの負担軽減措置をとることを明らかにした。リサイクル業者や音楽愛好家などから強い反発が出ていることに配慮した。ただ、経過措置の延長については重ねて否定した。
 事実上の適用除外になるのは、ギターアンプなどの音響機器や、電子楽器、写真用機材、映写機などのうち「ビンテージもの」と呼ばれる希少価値の高い中古機材。これらを取り扱いに慣れたマニアに販売する場合には、PSEマークがなくても簡単な手続きで売買できるようにする。
 また、リサイクル業者などがPSEマークを取得しやすくするため、民間団体と協力して全国500カ所で検査を受けられる体制を整備する。
ココマデ

衆議院予算会議はくだらないメール問題で終始し、この法律に関する話題は分科会で1、2度質問されたのみでした。
主に質問した人→渦中の民主党の川内氏(氏はこの問題に対して迅速に取り組んでいました。)
また、反対運動を行っている団体は国会議事堂内会議室にて反対集会を開催したりしていました。
坂本龍一氏などがよびかけた反対署名は7万人を越えたとのことです。
適正な努力の結果、経済産業省の考えを緩めることができたのだと思います。
ひとまずはよいニュースを聞くことができて安心しました。

これからもこの法律がどう生活に関わってくるのか注意していきたいと思います。
別窓 | つぶやく | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
あがったりさがったり
[No.23] 2006-03-12 Sun 23:13
結局土曜日はお休みもらえた。
1日休むだけで頭の中がかなり切り替わるわ~
ずっと仕事モードだったからこのまま2週間続くかと思ったけど
それなりにリフレッシュしてよかったみたい。
今日会社の鏡で顔を見たらいつもよりぷりっとしてた。

金曜日。最近いつもそうなんだが10時まで仕事して、地下鉄に乗った。
どうしても歌いたかったから絵描きの友人うたのを強引に連れ出してカラオケ直行。
最初は普通に歌ってたんだけど、久々のビールが利いたのか次第に壊れ始める。
女二人で歌いに行ったのに最終的に絶唱で声が枯れ、まともに歩けないほどのんだくれた。。なかなかに若いぞ。おれたち。

次の日は仕事無いけど10時くらいに目が覚めた。
夕べ何時に家に着いたのかわかんないかったけど起きたときにはまだ床が斜めだった。
夕方からジョジョ(2部)を読みかえしはじめ、なんだかはまる。
だんだんわかってきたよ、おもしろさがね。

そんなこんなで休日をだらだらすごし、本日出勤。
まぁ休日なのでそんなに気を張らずにハイロウズ聴きながらシャカシャカおしごと。
最近ハイロウズが好きだ。
なんかものすごいニコニコする。
そして、感銘を受ける。
電車の中でおお~とつぶやくくらいにな。
その歌詞とはロブスターの1曲目コインランドリーだ。

想像力それは愛だ 歴史の果てまで
漂白剤ぶちまけるぜ 世界の果てまで

これ、去年くらいにいろいろ考えてるときに思ってたことに直結する。
想像力の欠如が人を傷つけて、そうゆうののおおきなものが戦争だったりするのかなって。
相手の気持ちを考えてみれば言葉だろうが武器だろうが攻撃したりできないもんだろうなぁと。
あたしはヒロトのこの少ないすっきりとした言葉が全部含んでるんだって気づいてほんとにびっくりした。
ま、これはあたしの解釈なんだけどもさ。

ところでこのアルバムの歌詞カードが無くなってるのに気づいた。
確かビニールの袋にも入ってたはずなのに。
・・だから人にCD貸すのキライだ。
ケチって思われるかもしれないけど、あたし自分の持ち物に異様に執着するのね。
そう簡単に買わないし捨てない。

そんなわけで今日は仕事帰りにリサイクルショップに寄って久々に買いあさってきました。
ほしいなぁって思ったけど放置してたもの。

・THE HIGH-LOWS 「FLASH」(ベスト)
・東京事変「ADULT」
・MAROON5「Sings about Jane」
・RED HOT CHILI PEPPRES「By the way」
・RED HOT CHILI PEPPRES「BLOOD SUGER SEX MAGIC」

そしてジョジョ1部と村上春樹「ノルウェイの森」
ジョジョ2部を借りて読んでるうちに読みたくなったんですね。
とうとうキマシタね。。
「ノルウェイの森」は、ハードカバー本が家にあるのだが通勤用に文庫を買った。


もう大丈夫。もうちょっと大丈夫。
あと2週間、転石公演までがんばるぞ~

ビール2本分の酔っぱらい具合でお送りしました。
あ~ヒロトは素敵だ。
別窓 | おんがく | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
さて今週末は
[No.22] 2006-03-09 Thu 12:49
お休みがあるでしょうか。ないでしょうか。

・・・そんなわけでまだまだ多忙な日々なんです。
元気ではあるのだが、いかんせんアタマがずっと仕事モードなので
文章をひねるほうに気がいかないのですね。
というわけで今日はつまんねー近況報告になってしまいます。
(だれも報告を期待してると思わんのだが。ね。)

妹が、東京へ行きます。
あたしと同じ年に就職したから、3年目にして退社→入学。
映画の専門学校へ通うそうです。
今度の日曜に旅立つそうで、家には引越し荷物が山と積んであります。
以前あたしが函館で暮らしてた時に使ってた家電製品がごっそり連れてかれます。
ま、べつにいいけど、共同出資のDVDデッキも持っていくのはどうかと思うなぁ。
しょうがないので餞別ということでもたせることにしました。
彼女はきっと札幌に戻ってくることはないんじゃないかと思われます。
だって映画の仕事につこうと思ったら学校卒業後はそのまま東京にいるでしょう。
しかしあいつが1人ぐらし、しかも東京でまともに生きていけるのかね。
かなりのぐーたら妹なので少々心配です。

というわけで
土曜日は家族送別会だから夕方には家にいてちょうだい。
と母に言われました。
がんばって仕事を早く終わらせなきゃなぁ。
別窓 | つぶやく | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
うたいたいっ
[No.21] 2006-03-05 Sun 20:16
3月です。年度末。
起きてる間は、仕事orメシ。
ん~むむむむ。
なんというか。この~。
歌がうたいてぇっっ!

だれかカラオケでいいからつきあってくれぇ。
うへぇ~ん。

***少し時間が経って追記***

今、ドリカムに関する密着ドキュメント番組を偶然見ました。
上原ひろみ(ジャズピアニスト)との共演のもようがちらっと映りました。
もう、なんていうか、スゴイ!!!
絡み合ってる音がうらやましくって笑い泣きしてしまいました。
上原ひろみは本当にイイ顔でピアノ弾くね。
吉田美和は当然幸せな声を放つし。
もう、瞬間的にぽろぽろろっ!て泣いたのでちょっとすっきりした。
久しぶりにドリカムのアルバムが聴きたくなったな。
それと、これからは上原さんもチェックだな。

別窓 | おんがく | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| みくまり |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。