みくまり 日々のできごとと好きなうたへの思いをつづることにしましょう。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ライブ告知
[No.158] 2007-03-19 Mon 23:49
☆BUN&なべ(とまと畑のマスターさん)
と き:2007.4.7(sat) 19:30~
ところ:とまと畑(札幌市中央区南4東3ピープルⅢ1階)
料 金:1,000円(1ドリンク飲めます)
出 演:まだ、わからぬ。


-前回同様、ジャズの有名曲を中心にいろんなジャンルの曲を
カバーするつもりでおります。
気軽にどうぞ。
スポンサーサイト
別窓 | おんがく | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
覚書~症状から反省まで~
[No.157] 2007-03-15 Thu 23:50
すっかり無口になっていましたが、実は寝込んでいました。

月曜日の朝。
多少の頭痛を感じつつも、まぁこれくらいなら大丈夫かな?と出勤。
会社についてから1時間もしないうちに体中の筋肉が軋みだし、確実に体温上昇の
気配を知る。9時出社10時退社。なにしにきた・・。
そのまま病院へ。
診察の順番を待っている間もどんどん頭痛と全身痛は増し、震えが止まらなくなる。
座ってられないので看護婦さんに寝台をお願いし、診察を受ける。
1時間弱で体温が1.5℃上昇(37℃から38.5℃)すると、手足もしびれるのだろうか。
体中痛くて「くぅっ」と声が出そうになったり、それをガマンすると
自然と涙が出てきたり。
なんなんだ、おいらどうなっちゃったんだ??
ちょっとした恐怖体験であった・・。

火曜日。
明け方にうなされて起き、とっさに熱をはかったら39.0℃を記録。何年ぶりだろう。
もう一度病院へ出向き、インフルエンザの検査を改めて受ける。
しかし反応はなし。風邪なのか・・?

水曜日。
明け方に38.0℃くらいだったが、お昼までに平熱まで下がる。
と同時に激しい腹痛、下る。下る。下る。もう胃腸が完璧にオカシク
なっちゃってる感じ。
このまま続いたら栄養失調とか脱水症状とかもっとひどいことに
なっちゃうんじゃないかと本気で怖くなってくる。

木曜日。
別の病院へ行って胃腸のことを相談。いろんな場合に即した薬をもらって過ごす。
頭痛、腹痛、眩暈ともにだいぶラクになってきた。
明日は、出勤できるだろう。


覚書:今回二人のお医者さんにも言われたこと
『のどが炎症起してますね。痛いでしょ?』
しかしちっとも痛くないのだ。
これってのどの炎症が慢性化してるってことなのだろうか。
気をつけよう。


ちゅか。いろいろと心当たりがある気がしてきた・・

夜中深い時間まで酒飲みながらカラオケを歌ってコテンパンにのどをつぶす。
これやった次の週にいつも熱を出してるような・・。
発熱の原因は『のど』なのか??
ちなみに先週金曜深夜のカラオケの後遺症は、日曜の昼には回復しました。
(練習では歌えなくってごめんなさいでした)

思いっきり声をつぶすのは、実はちょっと趣味的なところがある。
昔、学祭の頃など真夜中に練習し続けて声をつぶしてたことがあって、
その状態を何度か乗り越えるたびにちょっとずつ声が太くなっていったと
感じているのだ。
かれている声自体も、普段出来ないような歌がうたえるので面白がっている
フシもある。

でも、もしこれが発熱につながっているのであればやっぱり考えを改め
なければならないだろう。
そもそものどつぶすようなことは本来しちゃいけないんだしね。。

反省。
別窓 | つぶやく | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
視線の毒
[No.156] 2007-03-08 Thu 22:37
ここ数ヶ月は自分のライブも含め色々とステージを目撃した。
その中で、ある友達が歌っている姿を見てふと思い出したことがある。

山田詠美さんの小説『ぼくは勉強ができない』の一説。
「その内、人の視線を綺麗に受け止めることが出来る時期が、きっと来る」

高校生の時だろうか、この小説を初めて読んだのは。
主人公の秀美が学校や家庭や恋人との間に生じる様々な関係を独自の視点で
語るといったような内容。生き生きとした日常が9編連なっている。
詠美さんの作品の中でも特に好きで、今に至るまで何度も読み返している。
ある種あたしの生き方のバイブルに相当するのかもしれない。

その一文がふと脳裏に蘇ったのはきっと、ステージ上の彼女が、とても自然に
客席の視線を吸い込んで、みごとに歌としてお返ししてるように見えたから。
それまでの彼女のステージもすばらしいものであったが、今に比べれば
発する力の強さがいささか見るものの緊張を呼び起こしていたのかもしれない。
もちろん「迫力」や「鬼気迫る」という見せ方をするステージだって世の中に
いっぱいあるし、それが魅力である場合も多い。

ただ、そんなふうに変化を見せたステージ上の彼女は以前よりもずっと幸せそうで、
温かかった。
なんとも綺麗に人々の視線を受け止めている。
という風に感じたのである。

『ぼくは勉強ができない』の「賢者の皮むき」という編にある上記の一文。
人からどう見られるか、それをどう意識するか、そして自分はどうありたいか。
クラスのアイドル的存在の女の子とのかかわりから、自分の中にある「媚(毒)」に
気付き思い悩む高校生秀美くんという内容なのだが・・・
(上手く要約できてないっす。どうぞ各自お読みになって~)

あたしはどうなんだろうか。
秀美くんと共に「視線が結晶する毒」に気付いてからもう10年経ったが、、
何も進歩してないんじゃなかろうかなぁ。
「その内、きっと」と言われて、ただ待つのみの自分であったのかなぁ
などと少し悲しくなりながら車を運転して帰って来たのでありました。

最近遊びに行ったいろんなライブの際には、ちょっとずつこのことを思い出して
いました。
人に圧倒的に見られる時間、空間をもつバンドマンたちにはいろんなスタンス
があって、それぞれの受け止め方、返し方があるんだと思います。
心惹かれる音楽を奏でる人は、きっと自分の毒抜き方法を知ってるんだろう。

でもね、隠された「毒」をいかに抜くかを知ってる人ってそう居るもんじゃない。
「媚」が結晶化(可視化)してる事実にさえ気付かない人もいる。
で、たぶんぼんやりと過ごしてたらそっちのほうへ行ってしまうんだと思う。

ああ、少し昔の言い回し「人前に出て恥ずかしくない」ってこのことなのかな。
美しき日本人はそのしきたりに従うことによって「媚」が可視化するのを
防いでいたのかしら。

意識と意識未満。
結晶を溶かすのは柔らかなモノ??

暗中模索。
別窓 | つぶやく | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
疲労の質は・・
[No.155] 2007-03-05 Mon 22:37
なんとか二日間のステージを乗り切りました・・

まったく、なんて体力の衰えだ。と自分にびっくりですよ。
ライブのね、期間を開けちゃダメね。
もっとたくさんやらなきゃ!

***3月3日@とまと畑***

4曲目に演奏した「家族の風景」(ハナレグミ)がなんだか好評でした。
出掛けに、せっかくこの曲のために買ったブルースハープを部屋に忘れて
一旦取りに帰るというバタバタぶり。
普段持たない「楽器」というものに緊張してしまって、
本番ではおもっきりミストーン出してましたわ。
でもお気に入りの歌をうたえてよかった。

最近のジャズ修行の影響か、本番は随所で好き勝手歌ってしまった。
ちょっとでも余裕が出るとアドリブのメロディーラインを追いたくなるのよねぇ。
ギターと二人だったけど、マスターだからまぁなんとかしてくれるでしょうと
思って遊びに行っちゃったりして。なべさん内心動揺してたのかな。

この日対バンだったChocolate(ショコラッチ)さんがね、
とってもよかったのですよ。
女の子3人組のボサノヴァバンドなんだけど、全員が歌い、ギターを弾き、
パーカッションをやるの。
それも1曲ずつ楽器をお互いにとりかえっこするんだも。
おまけに3人とも見目麗しいときたら、もうこっちはとろけるしかない。
ん~いいもの見た。
サッポロにゃあるもんだねぇ。素敵な音楽が。

***3月4日@Cafe Swing Pot***

曲の完成度も色々不安があったが、あたしに圧し掛かったもう一つの不安はMC。
Master of Ceremonies「しゃべり」でございます。

何年ボーカルやってんだと言われるやもしれん。
しかしだね、ひとつのバンドが1時間半~2時間のあいだお客さんと対峙するわけだよ。
曲間何回あると思う!!?
こんなにしゃべる機会のあるステージなんて立ったこと無いわッ!!

いやぁ、難関であった。
初めてライブに出た9年前を思い出した。
MCのネタを歌詞ノートに箇条書きにしちゃったよ。
幸い、温かいお客さんが多くて、あたしの拙いおしゃべりに笑ってくれたりして。
ほんとにもう有り難かったぁ~

演奏はというと、前半は思ったよりスムーズに楽しく出来たように思う。
声も前日打ち上げをガマンしたおかげでちゃんと伸びたし。
問題は後半。
演奏曲が8曲を越えたあたりで集中力が弱まりだしたように思う。
歌のリズムが微妙に甘い、思ったところに声が乗っからない、バンドと意思疎通が
上手くいかない・・

で、やっと終わったと思ったら、アンコールがかかっちゃった。
ノープランで走り始めた「Route 66」はあたしにとっては長い道のりだった~
最後はどっぷり落ちくぼんで終了しましたよ。
苦いデビューでしたなぁ。

終わってふと気付けば腰がイタイのね。
途中15分間の休憩を挟んだものの、人前に2時間近く立ってたっていうのは
予想以上に体力使う行為だったわけで。
それが腰にキちゃうところが歳とった証拠なんだが。

さて、今回はずいぶんと情けなくも反省の弁ばかりを連ねてしまいました。
これは、読んでくださる方には見苦しいレポなわけですが、あえて自分のために
ぶちまけさせていただきましたよ。
次回以降、もっと成長してるBUNを見せれるようにね、がんばりたい。

別窓 | おんがく | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ライブ告知
[No.152] 2007-03-04 Sun 20:01
☆BUN&なべ(とまと畑のマスターさん)
と き:2007.3.3(sat) 19:30~
ところ:とまと畑(札幌市中央区南4東3ピープルⅢ1階)
料 金:1,000円(1ドリンク飲めます)
出 演:ブランボワーズレッド、BUN、chocolate、
    Dee Four、オノン(出演順)

-ジャズの有名曲を中心にいろんなジャンルの曲を
カバーする予定です。

☆Sunday Groove featuring BUN
と き:2007.3.4(sun) 19:00~
ところ:Cafe Swing Pot(札幌市清田区真栄4条2丁目17-1)
料 金:1,000円(1ドリンク飲めます)
出 演:Sunday Groove featuring BUN

-BUNがボーカルをつとめるジャズバンドのデビュー
ステージ。Vo. Tp. G. Ba. Dr. P.の6人編成で、
12曲1時間半程度演奏の予定です。
別窓 | おんがく | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ばかっつら~!
[No.154] 2007-03-02 Fri 23:12
OH! スーパーミルクチャンが本日よりGYAOで配信だそうですよ~!
うは~なつかし~ッ
今だに飲みに行く店を選ぶとき
「テツコすーぱーいんたーねっと~」
とつぶやくおいらにはたまらんニュースだわいな。


そして、昨日、予約していた内村プロデュースDVDがamazonからやってきた~!
歓喜!
なんとおいらの大好きな企画「笑わせ王」が入ってたよ~!
「はーんーたいッ!はーんーたいッ!」


先週、攻殻機動隊の去年出た新作DVDを借りることに成功。
バトーさんとかトグサくんとかの世界にね、ずっぽりハマって見たいわけよ。


・・・・見たいものがわんさか手に入ってしまった現状。
ぐっとこらえて明日明後日にむけてソワソワしてます。
ソワソワというかモソモソしてます。
多少ウカウカしてるので、そろそろ練らなきゃ。
盛りだくさんな日々にワクワク!
別窓 | つぶやく | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| みくまり |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。