みくまり 日々のできごとと好きなうたへの思いをつづることにしましょう。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
緊急告知
[No.436] 2009-04-21 Tue 21:29
明日、ど平日なのにみくまりがライブいたします。

◎2009年4月21日(火)
ところ:Live House 札幌LOG
(札幌市北区北14条西3丁目 ゼウスビル地下)
 http://sapporo-log.net/log_main.html

開演:20:00
チャージ:1500円

おいらの大好きなthe 武田組のボーカル英祐一氏にお誘い
いただきましたよ。
もちろん明日は彼の歌も聴けます。

お時間のある方は是非!!
スポンサーサイト
別窓 | おんがく | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
三連荘
[No.437] 2009-04-20 Mon 22:53
先週末17,18日に東京へ出張してきました。
初の「ひとりでおつかい」です。

行く前はエライ緊張して準備しまくりだったんだけど、なんのことはない。
小一時間で日程は終了した。ありー。

霞ヶ関のあたりを初めてうろついたんだけど、ほぇぇって感じですわ。
よくテレビで見る日本の中枢的な雰囲気を味わったよ。
あと、新橋のサラリーマンという言い回しも納得。
スーツ着てない人居ないもね。

まぁそんなワケで、金曜夜~土曜にかけてフリ~だったので、
どうやって遊んでやろうかと考えて思いついたのが「観劇」でした。

2009.4.17 @下北沢 本多劇場
NYLON 100℃ 『神様とその他の変種』

2009.4.18 @電通四季劇場「海」
劇団四季 ミュージカル 『Wicked』

ついでに帰ってきてからも1本。

2009.4.19 @琴似 コンカリーニョ
劇団イナダ組 『コバルトにいさん』(再演)

なんでしょう、この週末の浮世離れした感覚。
なにも3日で3本も見なくても・・ねぇ。
いやしかし、これで今年20本超えの可能性が出てきたわ。
だってすでにチケット抑えてる分(8月まで)で11本だも~ん。

というわけで、お芝居見たよ!報告でした。(どーでもいい)
そのうち感想を書くつもりでおりますゆえ、今日はこのへんで。

あ、これだけ言っとこう。
もし機会があれば、Wicked見に行って!
絶対、ステキだから。
別窓 | おしばい | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
きせかえツール
[No.435] 2009-04-15 Wed 13:02
新しい携帯に変えて早5ヶ月。
使う機能は今までのとおり最低限のものばかり。
大して携帯に気を払ってはこなかったワタクシですが、
つい先ほど着せ替えツールなるものをダウンロードしてみました。

なまら凄い・・

初めてブログ開設したときも同じように書いたけど、全体のデザインをそっくり
着せ替えしたりできるのって、た~のし~ぃ

ダウンロードしたのは、こちら。
どうでしょうきせかえツール

待ち受けは、どうでしょうさんの聖地平岸高台公園。
パカパカ開けるたびに違うアニメが出てくるの!

すっごいねぇ、最新の携帯さんは。
いやしかし、携帯に変えるときにドコモ選んでよかった・・
別窓 | つぶやく | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
10年前のうた
[No.434] 2009-04-12 Sun 01:16
近頃、吉井和哉が好きだ。
彼がソロになってからはあんまり聴いてなかったんだけども、友人の
(孤高のロック求道者)ニーナの影響で聴くようになった。

最近出たアルバムに、ライブDVDが付いてたの。
その中で、the Yellow Monkeyの曲を演奏していたのですね。
あたし、イエモンはリアルタイムで好きでしたから、無意識に口ずさんだよ。

で、昔と見比べてみようなんて思ってしまいこんでた映像を引っ張り出してみた。
若いなぁ・・とか思って見てたんだけどさ、ふと、おこがましくも自分に置き換えて
いろんなことを考えてみちゃったんだよ。

10年前に作った自分の曲を、今歌えるか?

ってね。

想像してみたら、ぬぉぉぉう。って気持ちになった。
ハタチの時に作った曲なんて、はずかし過ぎる。

そういえば、いつぞやとまと畑で対バンした方の中に、
「10年前に作った曲です」と言って演奏を始めた人がいた。
その方は確かあたしと年が変わらないくらいだったように記憶している。
それを見たあと相方と、「自分の10年前の曲を今やれる?」って話して
ムリムリ~なんつって盛り上がったっけ。

でも聴いてくれてる人にはそんなん関係ないのかもしれない。
音楽は、演奏して人に聴かせた時点でその相手のものになる。
その記憶は作曲者とは関係ないものだし。

だから、聴いてくれる人がいるのなら、大昔に作った曲を演奏するのはあながち
逃げるコトでもないのかなぁなんて思った次第で。。

だからって今さら”みくまり”で“譲歩”の曲やったりしませんけどね!

でももし今後、そんな趣旨の機会が有難くも設けられたとき、
胸を張って自分の曲を歌い上げられるように、一つ一つの楽曲を
恥ずかしくない形に作り上げていかなきゃなぁ。
なんて、当たり前のことを思ったわけ。
今年は、CD作ろうかと目論んでるわけで、なおさらダス。

VOLT 初回限定盤【CD+DVD】VOLT 初回限定盤【CD+DVD】
(2009/03/18)
吉井和哉

商品詳細を見る


別窓 | おんがく | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
教え下手
[No.433] 2009-04-10 Fri 12:58
会社に新人さんが入ってきまして。
毎日研修、研修でございます。
で、あたくし今までことごとく新人研修の担当は免れてきたのですが、
社会人になって6年目、とうとう講師なんていうものを任されちゃいました。

いやぁ、あたしにやらしたらダメだろ。
話が下手すぎる。

自分でなんとなーく分かったつもりで毎日を過ごしてきたもんだからさぁ。
人に教えるとなったときには物事を体系的に把握して、順序よく説明して
いかなきゃならないじゃん。
おいらそれ、できてねーんだもん。

んで、お相手がどんな方か分からないまま闇雲に進めていったら、困ったねぇ。

『pHって結局なんですか』
と聞かれたときには。。

「酸性かアルカリ性かということです」
と答えりゃいいのか、
「水素イオン濃度です」
と答えりゃいいのか、
「医薬品の品質を検査するということにおいて・・うんたら」
と答えりゃいいのか。

おいらつくづく 人とコミュニケーションをとるのが下手なんだ ってわかりました。

さ、今日も下手なりに教えてみよう。
あたしに教わった新人さん、ごめん。
運がわるかったね・・。

あれ?うちの親戚一同学校の先生なんだけどなぁ。おかしいな。
別窓 | つぶやく | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ホッカイドウの道路とは
[No.430] 2009-04-04 Sat 01:13
本日、会社からの帰り。
車を運転してたら、視界の左から何か出てきた。
ととと、と歩いてる姿を見てネコかなと思ったら、ふと目が合った。

キタキツネでした。
しっぽでかかった。

やぁ、札幌なのに(石狩だけど)キツネとか出るんだね。
もっと山の中走ってるときには見たことあるけど、ちょっとびっくりした。

そんときふと思い出した嫌な記憶。

函館に住んでた学生時代、木古内の方へドライブに行ったときのこと。
いい気分でスティーブン・タイラーのマネしながらエアロスミスを口ずさんでいた。

貧乏学生が車を買って間もない頃、調子にのってちょっと飛ばしてたところ、
道路の右側からかなりの勢いで走りこんできたモノが。

ネコ。

ガツ。て音がしたと思う。

瞬間、びっくりして、ワイパーが動いたと思う。


怖くてすぐには止まれなくて、少し走ってから恐る恐る車のおしりを覗いた。
特になにも見当たらなかった。。
今来た道を遠く眺めてみても、何も見えなかった。

そのときは、「きっとあのコは上手いことすり抜けて逃げたんだね!」
なんて言いながら自分をだましだまし帰った。

けれども。

やっぱり何事か起こったのは明白で。
帰ってから、木古内の方角へ向かって花を手向け、拝んでいた。

何かが起こったハズなのに、怖くてすぐに確かめられなかったあたし。
自分をだまして忘れようとしたあたし。

その時かかってたのが“NineLives”
今だこのアルバムの曲を聞くと、どうしてもよみがえる嫌な記憶です。
奇しくも化け猫がコンセプトのアルバムだっていうんだから。

目の前を、横切る動物に敏感なおいら。
というハナシ。
別窓 | つぶやく | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
針の穴に意図を通したい
[No.429] 2009-04-01 Wed 00:23
バンドでうたをやりはじめてかれこれ10年経ちます。

オリジナル曲を作る ということをはじめたのも10年くらい前か。

最近やっと、自分で音楽を作ることの意義に気づき始めたような。


出来上がった曲について、人に何かを言われる。

ほめるにせよ、けなすにせよ、そのリアクションというものは、
あたしから発せられた、目に見えない、熱かったり、重かったり、
くさかったり、しょっぱかったりする何かを、相手が受け取ったということで。

それだけでも十分にじわじわクる感覚だとは、思うのだけれども、さ。

針の穴にイトを通すくらいの精密さで、
ホントウに、あたしが感じ取っている、この、気持ち!ピンポイントぉ!
が伝わったと確信したとき、、、

それはこの上ない喜びだ。
と思うのと同時に、怖いなぁと。

怖い と言うのは、せつない に置き換えてもよろし。

で。
そんな針の穴に意図を通す確率とは、果たしてどんなもんであるのか、
はたまた、怖いセツナイが杞憂であると自覚したいがため、

自作曲をたくさんの人に聞いてもらいたいわぁ

と、今は結構思っているのです。よ。


ちゅかね、10年前に知り合った友人で、大変才能にあふれた変人がおりまして、
彼が、世に広く音楽を流通させる術を求めていたときに、あたしは、
「音楽で稼ぎたいの?」と聞いたら、
「たくさんの人に自分の曲を聞いて欲しいだけだ」と答えた。

そういうことなのかなって、今さら想像してる。
別窓 | おんがく | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| みくまり |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。