みくまり 日々のできごとと好きなうたへの思いをつづることにしましょう。

四国あるき 2007/9/22 その1
[No.205] 2007-09-27 Thu 01:18
2007/9/22 金刀比羅宮へお参り

やっぱり今日も朝から暑い。
聞くと嫌になるので気温を確かめなかったが、たぶんこの日も朝から30℃近かったハズ。

こんぴらさんへ続く石段の前の通り。
夕べ閉まってたシャッターは朝8時半に来たときにはほぼ全部上がってた。
寺や神社ってもんはやはり『朝』ですな。
DSCF0432.jpg

うどん学校やら、うどんタクシーやらの看板が見えますね。
このお国は何は無くともUDONでございますなぁ。

ささ、これより長い長いこんぴらさんへの道にお付き合いいただきまする。
石段が始まる直前。生まれた日のおみくじに吸い寄せられる我ら。
おいらの結果は・・うむむ。なかなかに今の状況に即した助言が多数。
手前に見えるのは籠ですね。担ぎ手さんたちが画面左の日陰のあたりでお客さんを
待っていました。
DSCF0433.jpg


長い石段のはじまり。
表参道のあたりは両脇にお土産物屋さんが立ち並んでいて、キョロキョロしながら
歩けばなかなかに楽しい。
けども、背中にはじわじわと朝日が突き刺さる。
しまったなぁ。日に焼けるなぁ。9月に日焼け止めを必要とするとは思わなかった。

ずいぶん歩いたような気がする。でもここはまだ大門。半分だ。
ここから先は神社の土地で、お土産物屋さんはおしまい。
DSCF0436.jpg

大門の奥。道の両脇には寄付の金額と名前がピシッと彫られた石柱がずらりと並ぶ。
DSCF0437.jpg

しばらく黙々と石段を登り、ようやく開けたところに着いた。
現れたのは「旭社」。大きいよ。
その昔、清水次郎長の子分「森の石松」が本殿と勘違いしたところなどと
伝えられているそうだ。
DSCF0441.jpg

旭社の脇に大きな甕があって、そこにお社の屋根からポタポタと雨水が垂れていた。涼。
DSCF0444.jpg

さて、このさらに奥へ進むと「本宮」があるという。
正直もうこの展開うんざりさ。
こんぶは今にもへたり込みそうな顔をしてる。「大丈夫デスヨ・・」と返す声は力無い。

この旅で唯一失敗したと思ったことが靴選びだった。
どの服にも合うようにと白い革の先のとんがったペタンコ靴を履いてきたが、
新千歳に着いたときからすでに薬指と小指が悲鳴を上げつつあった。
今日は絆創膏でテーピングして石段に臨んだもののすでに限界に近かった。

でもさ、歩いたよ。
ずんずん歩いてるうちにね、不思議とこんぴらさんにどうしてもご挨拶したく
なってきちゃうのよ。
つらいんだけど、このつらさを乗り越えるのが何だか素敵なことのように
思えてきちゃってたんだね。「参拝ハイ」とでも申しましょうか。
この石段がラスト。
DSCF0445.jpg


そしてとうとう「御本宮」に到着!785段を制覇いたしました!
でも、不躾に「本宮」へカメラを向けるのが憚られる雰囲気だったので、
あんまり写真撮ってないのですね。
でもしっかりお参りをしてきましたよ。
疲れのせいで、何をお願いしたらいいか考えられなくなるんですね。
そう、利己的な気持ちがちっとも沸いて来ないんですよ。
だので、ただ、心に浮かぶあたしの大事な人たちが幸せに暮らせます様に。と。

んで、こんぴらさんから見える風景がこれ。四国は絶景の国であらしゃる。
DSCF0446.jpg


とても太い木。神木らしい。その奥に見えるのが神楽殿。
あんな形の太鼓?お雛飾りの中にあるよね。実物大はじめてみた。
DSCF0452.jpg

こんぴらさんは海の守り神様なんだって。
絵馬殿にはふる~い絵から最近の船の写真まで様々な航海に関する安全祈願が
掲げられていた。
うちの大学の船や、かつてあたしが乗った調査船が飾ってあるかと探してみたけど
残念ながら見つけられなかった。
DSCF0457.jpg

冷たい水を1杯いただき、幸せの黄色いお守りを買い、おみくじをひく。
あの六角柱をガチャガチャと振って棒を出すアレ。
「吉」。なかなか希望が持てる内容であった。信じよう。

だいぶゆっくりこんぴらさんを満喫した我らはふと、この旅の最大の目的
「うどん」のことを思い出す。
今日はかの有名店「山越うどん」と通好みの人気店「なかむら」を攻める予定なのだ。
どちらも行列必至。営業時間は朝9時~昼14時くらいまで。
早々に行かなきゃ食いっぱぐれる!

来た道を転ばないように慎重に引き返す。
なんだか登ってきたよりもずいぶんと早く感じる。
ほら、もう大門を出た。お土産屋さんゾーンの入り口。
DSCF0463.jpg

石段をちょろちょろ歩くコヤツはトカゲ?
DSCF0466.jpg

なんだか見るものすべてにワクワクしてしまう。
汗だくだし、足は痛いし、すんごく疲れたのに、出てくる言葉はひたすら
「こんぴらさん行って良かったねぇ」だった。

つづく。
別窓 | つぶやく | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<四国あるき 2007/9/22 その2 | みくまり | 四国あるき 2007/9/21>>
コメント
金比羅さんてもともとの区分はお寺やったん知ってる?神仏分離(明治)の時に神社にしたん。そして金比羅のクンピーラはインドのワニを神各化したもので、それと古くからのの航海信仰が神仏習合しているところなんですって

ところで金比羅犬が興味深い
昔、お参りに行けへん人たちは飼犬を旅人なぞに預けて、代わりにお参りしてもらってたんやって

えろうかわいいやつらやないの!

と薀蓄を長々とすんません
[No.320] 2007-09-28 Fri 10:24 | URL | せいじん #KmWPbMmc[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| みくまり |