みくまり 日々のできごとと好きなうたへの思いをつづることにしましょう。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
四国あるき 2007/9/23 その2
[No.210] 2007-10-05 Fri 02:23
2007/9/23 愛媛へ

うどんの他に香川で食うべきもの。それは「鳥坂(とっさか)まんじゅう」だ~
街からずいぶん外れた山の中にまたもや行列出現!
DSCF0562.jpg

ここのまんじゅう、甘い物好きの水曜どうでしょうDに「人生のトップ10に入る甘味」と
言わしめるほど美味いらしい。
行列の進み具合はとっても遅いが、そこはのんびり並んでみよう。

・・・待つこと30分以上? ずいぶん長かった気がするなぁ。
やっと手にしたまんじゅうは出来立てほやほやで湯気が上がるほどだった。
これが、鳥坂まんじゅう~。酒まんじゅうですね。
DSCF0565.jpg

これ、美味かったの!
なんまら美味かったのぉ!
普段甘いものを食べないおいらもやめられない豊かな甘さ。
出来立てのもっちもち具合は実に感動的でありました。

愛媛へ向かう車中、あっというまにまんじゅうをたいらげた我らは、
まんじゅう行列でロスした時間を取り返すために高速を選択。
レンタカーはFitだったんだけど、なかなか安定感のある車だったな。

急いで松山に入ったのにはわけがある。
道後温泉へ行く前にホテルの目の前にある松山城へ散策に行こうとしてたんだ。

松山は夏目漱石や正岡子規にゆかりのある地だそうだ。
なるほど風情のある町並みでした。
DSCF0572.jpg

僕らがこれから行くのはあの山の頂上にあるお城です。遠いなぁ。
DSCF0570.jpg

上までロープウェイかリフトで登ります。雪も無いのにリフトってなんか変な感じ。
DSCF0577.jpg

ロープウェイを降りてからもお城目指して歩いて登ります。
DSCF0583.jpg

頂上から見た松山市内。昼間の熱気が少しだけ落ち着きはじめる。
DSCF0581.jpg

お城の門前広場には茶屋がありました。冷たいお抹茶で一休み。
DSCF0588.jpg


普段は、お城は5時、ロープウェイは5時半で終了らしい。
でもこの日は偶然にもお月見イベントが開催されていて、特別に夜も開門するそうだ。
珍しい夜のお城見学。そんな日に松山を訪れるとは、なんてラッキー。
DSCF0593.jpg

夜の開門時には時代劇のように開門太鼓が鳴り響く。
ドドン。ドン。ドン。ドン。「お月見~!開門!!!」
見学者(15人くらい)みんなで扉を押してゆっくり入場。

いやいや、珍しい体験ができたわ~と、こんぶと二人で門の辺りをうろうろしていたら、
気さくなイベント係の方が「開門太鼓たたいてみませんか?」と声をかけてくれた。
なんちゅう素敵な申し出!
すぐさまおいら達は太鼓のある物見櫓へ登っていき、おっかなびっくり和太鼓を
叩かせてもらった。
6畳くらいの部屋にドドン。とよく響く。

夜のお城見学は人も少なく、とても静か。城内の明かりは最小限だった。
天守閣からゆっくりと暮れていく松山の街をぼんやり眺める。殿様の気分。
なんだか歴史を感じちゃったなぁ。北海道には無い江戸時代の香り。
DSCF0600.jpg

愛媛にはお月見に食べる郷土料理「芋炊き」というのがあるそうで。
里芋や根菜が入ったお吸い物でした。
DSCF0601.jpg

さっき抹茶をいただいたお店で、無料で皆さんに振る舞っておりました。
あまりお腹すいてなかったけどちょうどいいくらいの分量でとてもおいしかった。
さすがにダシの文化だ。違うなぁ。
お店のお姉さんやおじさんに北海道から来たと告げると、とても珍しがられて
一層優しくしてもらっちゃった。

い~い気分になったわれらは今回の旅の最後の目的、道後温泉へ向かうのでした。

次回最終回。
別窓 | つぶやく | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<四国あるき 2007/9/23 その3 | みくまり | 四国あるき 2007/9/23 その1>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| みくまり |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。