みくまり 日々のできごとと好きなうたへの思いをつづることにしましょう。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
Sui Site
[No.263] 2008-06-23 Mon 00:40
2008.6.21@コンカリーニョ

イナダ組本公演
『Sui Site ~実体の無い透明な犬と彼女~』


久々のイナダ組本公演を見てきました。
ん~ 稲田氏のお芝居はやっぱりググッとくるなぁ・・

闇サイトに集まった若者。消えた彼女を探す男。強盗を企む夫婦。
同じ時間軸の上で進行する3つのストーリー。
今度のイナダ組は、若干サスペンス!!


公式サイトの紹介文はこんな感じなんですけどね、若干サスペンスどころじゃないですよ。
イナダ組のお芝居見た後なんて毎度のことですけどね、やっぱり今回も心が
ずーんと、ずしーんと、もわもわとしとりますよ。

以下思いっきりネタバレあります。
6月24日(火)まで公演中なのでね、見に行く方は読まない方がよいですよ。
公演タイトルが発表になったときから重い内容っぽいなぁと思っておりました。

「Sui Site(スーサイト)」

「suicide」

で、やっぱしこれを真ん中に据えてのお芝居だったわけです。

正直、感想が書きにくいです。
観劇後のアンケートにもおんなじように書いてきました。

笑いどころも素直に笑えたし、役者さんのお芝居にグングン惹きつけられたのでね、
良いお芝居だったなぁって思います。
もう一度DVDとかでじっくりと見たいなぁとも思います。

うん。よかったのです。うん・・。

・・なんでこんな歯切れが悪いんだろ。

あの、あのね、多分、『安堵』してるのかなぁと。

あの内容が、お芝居で良かった。って思ってる自分がおりまして。
でもでもそれは、実はどこかで実際に起こっている現実なんだ。て知識として
「知っている」自分がおりまして。
でも私が知っている「世を騒がす出来事」は、昨日見たお芝居よりも
(私にとっての)「虚構」で。
昨日生で目撃したその人たちの動きの方が「生々しい現実」で。
でもそれは作られたお話なのであたしはホッとしちゃって。
でも、これは現実にどこかで起こってて・・・・∞

というわけで、「考えさせられる」とか、「重いテーマのお芝居」とかよくある言葉で
簡単に言い表したくないなぁと思ってたら感想が出てこなかったようです。
私の後ろに座っていた男性も、終演後「感想は無いなぁ」ってつぶやいてました。

ふむぅ。イナダ氏はやっぱスゴイなぁ・・

今回出演している役者さんは全部で13人。
配られたチラシに役者の写真と役名が書いてあるのね。
最初それを見たときに、誰がなんていう名前かごっちゃになりゃしないだろか。。
と思ったわけ。
とてもフツーな役名が連なっていたから。
でも、そんなこと全く必要ないものだった。

サスペンスものって伏線がたくさんあるもんでしょ。
映画とか漫画でもそうだけど、誰がどんな行動をとったかを真剣に覚えとかないと
話に取り残されちゃうことがあったりするよね。
まぁ、あたしはそうゆうタイプのも好きだけど。
映画「アフタースクール」なんて最近見たそれ系の傑作ですけどね。

話がそれた。

お話が進んでいく中で頭の上にハテナが飛んじゃうのって、役者がその場面に居ない人の
話をじゃんじゃんするときに起こるもんだと思うのよ。
そのあたりをね、「参加人数が多い」「サスペンスもの」ってんでちょっと
警戒してたんだけど、全くの杞憂だったんですねぇ。

その場その場で誰がなんて名前かを混乱しないペースで刷り込まれていったのですわ。
というか、その場に居ない人の話をする場面があまり無かった。ということなんだと
思うんだけどね。
でも一人一人ちゃんとキャラが立ってて、必要最低限の記号として役名が機能してたなぁ
という感覚かしら。

ん~ なんかどうでもいい事言ってるような・・
でもそのあたりに生じがちな「置いてけぼり感」が一切無かったというのはさ、
実はスゴイんじゃないかしら って思ったわけですね~

あとね、若手さんだと思っていた方たちがね、どんどん脂がノッてきてる感がありましたね。
とくに佐藤慶太さんの表情がスゴイ良かったなぁ。
最初はあまりしゃべったり感情を出したりしない役どころなんだけど、そのときの
「世の中への不満に満ちてる顔」がもうスゴイ。
あと、野村大さんが妙にカッコよくてね。
以前なんとなく感じてた「枠」みたいなもんが取り払われたように感じたなぁ。

もちろんベテランさんだってステキでしたよ。
江田さんは「餃子」のときも思ったけど、やっぱカッコイイわぁ。
いまだに違和感無く大学生くらいの役を演じられるってどうゆうことじゃ。
その点さらにスゴイのが山村さんですけどね。
実年齢おいくつなのかわからないけど、あのアホぽい姉ちゃんを演じられちゃう
ってのがスゴイ。二十歳くらいの設定なのかなぁ。普通にかわいかった・・

・・て、一体どこの演劇ツウだよっ!
すいぶん偉そうに語りだしちゃってるけども。

んんっ イナダ組が好きなんだからいいじゃないの!


さ、ここまで読んでくれた貴方。ありがとう。
本日はいつもに増して思いつき言葉の羅列だす。
というわけで、最後にミーちゃんハーちゃんなコト言って終わりましょうかね。(死語)

ナウ泉ナウさんが来てました!

客電が落ちる前、みんながざわつくのでまさかと思ったんだけどね。
普通にコンカリーニョのあの入り口から入られたようで。
あんまりジロジロ見るのは良くないなぁと思ったのでね、あたしは横顔をチラッとしか
見れなかったんだけどもね。
帽子を目深にかぶってて、劇団のスタッフと思しき方と談笑しておられました。

普通さ、関係者とかって客電落ちてからどっか別の入り口からこそっと入るもんだと
思ってたんだけどね。びっくりしたね~。
北海道の大スターであらせられる大泉さんだけれどもさ、ちゃんと昔からのつながりを
大事になさってるところとかさ、普通にお客さんとしてみんなと同じところから入ったりする
ところとかさ、その身近な感じがなんだか好いなぁって。
妙に嬉しくなっちまいました。


ふぃ。久々にモリモリ書いちゃった。
別窓 | おしばい | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<拍手のプロ | みくまり | 俳優とよべ!>>
コメント
はじめまして。

スーサイトの感想読ませていただきました。
あー同じだ。と思ったり、
そういう風にも考えれるなぁ。と勉強させてもらったり、
そんな表現もできるのかぁ。と思ったりして
楽しく読ませていただきました。

ナウ泉さん目撃ということで同じ回を観劇したんだなぁ。と一方的に親近感を持ってしまいました。笑
あたしは道外からでしたが、騒いだりキャーキャー言ったりしない(多少ざわついてましたが。笑)感じがいいなぁと思いました。

では、長々と失礼しましたー。
[No.365] 2008-06-23 Mon 23:27 | URL | おみず #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
>おみずさん

はじめまして!
コメントありがとうございます。

同じ回のお芝居を見てたんですね。親近感☆デス。
もちろんナウ泉さんにも親近感☆

一緒に見に行った友達と、帰りにずっと「どう感じた?何を受け取った?」って話してました。
なんだか今回のお芝居は特に「みんなどんな風に感じ取ったんだろう」って気になってました。
だからまず、自分の感じたことをなんとか表現しようと、多少悩みつつ書いた感想文でございました。

共感いただいたり、興味深く思ってくださったようでうれしいです。
リアクションをありがとうございました!
[No.366] 2008-06-24 Tue 00:14 | URL | BUN #26Pp2D.Y[ 内容変更] | ∧top | under∨
こんにちは!
先日はコメントありがとうございました。

すごくしっかりとお芝居を観てらっしゃるんだなぁと驚きました☆
登場人物の名前を事前にチェックするという方法があるのかと、目から鱗ってかんじです・・
(これまでは何も考えずに観ていたので、そういえば途中でわけがわからなくなることもあったなーと 笑)

ナウ泉さん、会いたかったな・・

観劇素人なので、また勉強させてもらいにこのサイトに遊びに来たいと思います!
[No.367] 2008-06-25 Wed 13:13 | URL | さむがりねこ #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
>さむがりねこさん

コメントありがとうございます!

そそ、そんなに感心なさらないでください!
あたしこそただの素人ですから・・。

さむがりねこさんの日記を読んで、自分もなんとなく感じ取っていたものに
輪郭が与えられたような気がしてうれしかったんです。
動揺というか、衝撃の方が勝ってしまっていたので。
また同じお芝居を見ることがあったら、どんな風に感じたかおしえて欲しいです。

イナダ組の次回はロードツアーだそうで。
秋~冬なのかなぁ。今から楽しみですね。
[No.368] 2008-06-26 Thu 00:00 | URL | BUN #26Pp2D.Y[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| みくまり |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。