みくまり 日々のできごとと好きなうたへの思いをつづることにしましょう。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
地球ゴージャス
[No.461] 2009-08-03 Mon 22:27
ミュージカルを見てきた。

地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.10
『星の大地に降る涙』
@道新ホール 2009.8.1

岸谷五朗、寺脇康文の主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」の
北海道初上陸公演を見てきましたよ。

いやぁ~凄いわ。
まさにゴージャス!

役者が30人近くいるんだけど、どの人もプロフェッショナル!
踊りの迫力がスゴイし、演出も派手だし、殺陣がおっかない!速いの。
前から4列目中央という最高の席で見たもんだから、もう、圧倒されっぱなし。

いやぁ、しかし道新ホールはせま過ぎたでしょ・・
群舞のときはぶつかるんじゃないかって心配しちゃった。

時代は戊辰戦争の頃。北海道に住む架空の民族と、そこへ流れ着いた
和人の物語。

以下、多少ネタバレ含みますよ~
今をときめく三浦春馬くんがねぇ、まぁしかし、かわいかった・・
初舞台だってさ。堂々としたもんだよ。すごいね。顔ちっちゃいもね。
客席をギラッと見据える表情に、「すたぁ☆」を感じたね。
カーテンコールの彼の挨拶の時だけ「キャー」のトーンが違ったよ。
音尾さんのときは「いえ~い!」だけど、春馬くんのときは明らかに黄色かった。

木村佳乃さんはね、もの凄い底力のある人だなぁって思った。
歌もセリフも動きも表情も重心が据わってて安心感があってさぁ。
お肌がものすごい白くてキレイでさぁ。結構好きだなぁ。

岸谷五朗さんと寺脇康文さんはね、前半はかなりおちゃらけててユルいの。
どかんどかん笑いとってさ。
でも後半の芝居どころではギュギュッとお話を引き締めて泣かせんの。
存在感が違うなぁと思ったよ。
ドラマでしかお二人の芝居を見たことが無かったのでね、ちっとも知らなかったんだけど、根っからの演劇人なんだねぇ。体のキレがスゴかったもの。
特に岸谷さんのダンスなんかびっくりしちゃったよ。
この人いくつ!?ってくらい振り付けが若い。それをビシっと踊りきってるし。

そして、音尾さん。
重苦しい役だったせいか、民族の特長である陽気に歌い踊る場面が
あまり見られなかったのが残念だなぁ。
群舞には参加していたみたいなんだけど、顔が隠れてる衣装だったので
それをガバッと脱ぐまで気づかなかったもなぁ。
でも岸谷さんと絡む場面では魚ネタやピスタチオ顔だとかいじられてて
かなり笑った。(東京では豆類に分類されてたらしいよ。)
殺陣もあったし、歌もうたって美しいアクロバットも披露してた。存在感はあった。
でもなんかちょっと力みすぎな気もしたんだよねぇ。役のせいもあるけど。
濃ゆいなぁ~ っていうか。蟹頭十郎太を思い出しちゃった。


お話自体は分かりやすかったと思う。感情移入しやすいというか。
最後の展開も正直予想つく感じだったけどね、見せ方が全然良かった。
ミュージカル的な、エンタテイメントな、ステージでした。

終わったあとに深く何かを考えさせるお話(余白)というよりは、メッセージが明確でカラーがキッチリのっかってるという印象でしたな。

見に行ってよかったです。
また北海道で公演やってほしいなぁ。
別窓 | おしばい | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<RSR2009 その1 | みくまり | おひとりさま>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| みくまり |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。