みくまり 日々のできごとと好きなうたへの思いをつづることにしましょう。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ギンギラ太陽’s
[No.468] 2009-10-04 Sun 12:56
20091004125832
これから観劇!
ギンギラ太陽’s!
開演前の写真撮影会なまら楽しい!

以上、13時ちょっと前のコト
*****

2009.10.4 23時追記

見てきました~
ギンギラ太陽’s
『翼をくださいっ!さらばYS-11』

かぶりモノ劇団ということくらいしかわからずに見に行ったんだけど、
とってもいいお芝居でした。
楽しかったなぁ~

以下ネタバレあり。全国公演中の作品なのでご注意。
最初に上げた写真の話ですけどね、この劇団てば、かぶりモノの
写真撮影会の時間を設けているの。
普通、舞台セットとか役者の写真を撮るなんてありえないですからねぇ。
でも彼らはその「かぶりモノ」が売りなので、お客さんの近くに行って、
さぁどぉ~ぞ!写真撮ってくださいよ!
って半ば強引にw撮影会するわけ。
たぶんこの儀式を知らないお客さんがほとんどだったと思うのだけど、
みんなびっくりして、慌てて携帯のカメラを起動して撮ってるわけ。
10人ほどの役者さんたちが客席をぐるぐる回って撮影に応じておりました。
こうやってお客さんをあっためるのね~。

その客なんだけども、残念ながら道新ホールの後ろ半分は空席だった。
もっとお客さん入ってもいい内容だと思うんだけどなぁ。
子供とか絶対喜ぶのに。もったいない!

お芝居は、とってもユニークで、新鮮でした。
こんな切り口のお芝居見たことない!

福岡空港に数年前に新規参入したスカイマークエアラインズ。
そのスカイマーク1号機くんの参入当時の苦労話が物語のベース。
さらに、1号機くんが出会った、空港跡地に佇む格納庫さんと、
国産でありながら外国の飛行機として飛び続けるYS-11の秘めたる
想いに涙、涙のお話なのでございます。

いや、字面だけで見たらなんのこっちゃい!って感じだけど、日本の飛行機や
航空産業の歴史がこと細かに描かれていて、とっても勉強になる内容だった。
ギンギラ太陽’sは九州の劇団なので、九州における福岡の立ち位置、
佐賀の扱いとか、道民としてはピンとこないところもあったけど、
へぇ~そうなのかぁ なんて思いながらかな~り楽しめた。

なにより、役者が達者だったなぁ。
全員何かしらのかぶりモノをしてるんで、最初はやっぱその頭の上に
あるものを見ちゃうんだ。
けど、そのうち役者の表情やセリフが全部その乗り物や建物の気持ちなんだって
すんなりと思えてきちゃうの。ごく自然にね。
体の動きも美しいし、声の使い分けも絶妙、セリフのテンポも小気味良くて、
笑いどころでは何百人というお客がどっかんとツボに入る。
過去を語るシーンは、おそらくセリフ回しがいいんだろうなぁと思うのだけど、
自然と涙があふれてきちゃって、周りのお客さんもズビズビいってた。
とっても実力のある役者さんたちだなぁと思った。

カーテンコールではね、大概他県から来た人々は「北海道は食べ物がおいしい」
とか、「北海道はもうすでに寒くてびっくり」とか言うんだけど(まぁそれも
言ってたけど)、ギンギラの主宰である大塚ムネトさんのお話は面白かったなぁ。
独自の視点が垣間見れた。
たとえばこないだ閉店した札幌西武(五番館)の前身の話だとか、丸井今井の
経営状況の話とか、つい先日タイムリーにも田んぼに突っ込んだYS-11 の話とか。

是非とも多くの人に見てほしい劇団ですわ。
今回は初の全国公演ということだったんだけど、また札幌に来てほしいわぁ。

ギンギラ太陽’s
top_img.jpg
別窓 | おしばい | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<旅に出ます | みくまり | なにをしてるんだろう>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| みくまり |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。